群馬県和算研究会



Meeting for the study of Japanese pre-modern mathematics Wasan in Gunma

令和元年12月3日  更新

Menu

本研究会の概要、入会(退会)ご案内



本会創立50周年記念一般市民向け
公開講演会(11/23)は終了いたしました

瀬山士郎先生講演風景1

中村副会長講演風景2

満員の講演会場3






関東の算額写真コーナー

これまでに掲載した各地の算額問題 

H30年~R1年の算額問題


本会創立50周年記念刊行―『新発見の群馬の算額』
     (A4版 106頁、問合せは事務局へ)



図のよう2個の直角三角形があり、その中に甲円と乙円が内接している。
鉤和(ハニ)の長さが12寸、弦和(イホ)の長さが20寸、甲円直径が6寸
ならば乙円直径はいくらか。



前回の問題と答は『H30年~R1年の算額問題』にあります。


本ホームページは、 研究会からのお知らせを中心に1〜2ヶ月毎に
更新します。要望、質問などがございましたら 事務局までお寄せ下さい。


群馬県和算研究会

 会長 小林 龍彦
 副会長 中村 幸夫
 事務局 田部井勝稲

問い合わせ先

ご質問等は事務局(田部井)へ。

〒376-0052 桐生市天神町1-4-10

事務局:e-mail


何でも気軽にお尋ね下さい。


—リンク—

和算の館

やまぶき 和算と歴史随想

和算を普及する会

高崎・和算愛好会

Terakoya Suzu's Blog (Australia)

東北大学デジタルコレクション



次回定例会議案内


★ 例会見学希望者および入会希望者は
上記例会予定にある場所にお集まり下さい。
(無料)

前回までの例会の内容


群馬県和算研究会 刊行本

平成29年〜令和元年「和算ジャーナル」目次

平成13年〜28年(最終号)までの「会報」目次

昭和45年〜平成12年までの会誌「会報」目次


群馬の算額解法

最新の正誤表あり

会員刊行書籍

本会員山口正義著『北武蔵の和算家』が
「第32回地方出版文化功労賞(特別賞)」
を受賞されました。
(左記のリンク:「やまぶき」もご覧ください。)



「群馬の算額」等、本会刊行本は
群馬県立、前橋市立、桐生市立、群馬大学の各図書館にあります。
また国会図書館に『群馬の算額』以外全てあります。


(刊行本の希望者は左記の問い合わせ先まで)



—HP管理者— 天谷賢児、舩津賢人、田部井勝稲



Since 12 July 2015


Copyright (C) 2011-2019 群馬県和算研究会