ホームへ戻る                        

群馬県和算研究会編「和算ジャーナル」目次

『和算ジャーナル』第3号(令和元年5月1日)
巻頭言 創立50周年「天命を知る」 会長 小林 龍彦
特集 和算イベント
第14回全国和算研究大会(佐野大会)を振り返って 会長 小林 龍彦
栃木県那須町小島の疱瘡神社 ―奉納算額顛末記― 副会長  中村 幸夫
「とちぎ和算の世界―佐野にある日本最古の算額―」展を開催して 佐野市郷土博物館  茂木 克美
和算 一般
田中由真の墓碑と京都の和算家の居住地について 小林 龍彦
群馬の和算家列伝 (3) ―剣持章行―名誉会長 大竹 茂雄
算額題と和算書(算額集)Ⅱ 中村 幸夫
閑話三題 山口 正義
「和算」って知っていますか?(其3) 松本 登志雄
『精要算法』(下)問41の現代解法例 田部井 勝稲
楕円に内接する円の直径を求める難問 (パズルNo.3)  長井 宏之
暦の歴史と閏年の話 皆川 一郎
能登半島の旅-白山神社算額-  大塚 信男
新潟の算額 (3)  木下 宙
算額の図形をアニメーション化しよう(2) 赤木 操
群馬の算額 №46第2問の別解の検討 鈴木 俊行
和算ジャーナルNo.1,2の田部井論文に関連して   小曽根 淳
連分数展開を用いる近似無理数の抵抗回路
-零約術の電気回路への応用―
平井 愛統 ・ 桑名 杏奈 ・小林 春夫
Maximaソフトの使い方と算額問題への適用 田部井 勝稲
平成30年 群馬県和算研究会活動報告 事 務 局
研究・広報活動  
入会案内/刊行本紹介  
編集後記 中村 幸夫
表紙解説  関流和算家 藤田貞資について  藤田雄山顕彰会副会長 松本登志雄
コラム 999数字パズルの話
『和算ジャーナル』第2号(平成30年3月1日)
巻頭言 算額雑感 会長 小林 龍彦
公開算額見学会を終わって 副会長 中村 幸夫
2017年、一つの国内大会と二つの国際会議から 小林 龍彦
「和算」って知っていますか?(其2) 松本登志雄
群馬の和算家列伝 (II) ―小野栄重―大 竹 茂 雄
私の和算家 調査  山 口 正 義
中学数学で解ける算額挑戦コーナー(2)小曽根 淳
『算法新書』巻之二の読解と計算  皆川 一郎
高校数学で解く和算書の問題 (2) ―精要算法― 田部井 勝稲・松本 登志雄
算額巡りと一緒に御朱印集めはいかがでしょうか 天 谷 賢 児
この図形の面積はいくつか、解いて欲しいです 長 井 宏 之
二次関数のグラフを表示する教育模型について 関 憲一郎
魔方陣レイアウトによるDA変換器の直線性の改善 東野 将史・小林 春夫
池田の定理と剣持の定理の簡潔な証明とその応用 小 曽 根 淳
法道寺型と非法道寺型の反転不変式について 田部井 勝稲 ・平田浩一・松本登志雄
結城市山川不動堂(大栄寺)の算額(Ⅲ) 鶴 見 和 之
新潟の算額 (2) 木 下  宙
算額の図形をアニメーション化しよう  赤木 操
平成29年 群馬県和算研究会活動報告 事 務 局
研究・広報活動  
入会案内/刊行本紹介  
編集後記 編集子
表紙解説  『絵本工夫の錦』  松本 登志雄
コラム①  魔方陣について
コラム②  数独の絵馬 
『和算ジャーナル』第1号(平成29年3月26日)
巻頭言 『和算ジャーナル』に思う 会長 小林龍彦
「和算」って知っていますか?(其1) 松本登志雄
埼玉の市川行英門人  山 口 正 義
群馬の和算家列伝 (I) ―石田玄圭―大 竹 茂 雄
数字の和歌あれこれ 中 村 幸 夫
会報記事『六環円算額』の木下一般曲率公式による検討 田部井 勝稲
新潟の算額 (1) 木 下  宙
福島の算額奉納神社探し 大 塚 信 男
迂老の噺 ―算額・五角― 田 中 宏 宜
剣持の定理とその成立条件  木 下  宙
三平方の定理で解ける算額挑戦コーナー (1)  小 曽 根 淳
結城市山川不動堂(大栄寺)の算額(II) 鶴 見 和 之
数学愛好家の魂 1、1、9、9の問題を通して観た経験  長 井 宏 之
鈴木円の定理を高校数学で考える 小 曽 根 淳
高校数学で解く和算書の問題 (1)―精要算法―  田部井 勝稲・松本 登志雄
旧暦における「大の月」「小の月」 皆 川 一 郎
林業管理コストの数式モデル化と最適化の話 関 憲一郎
初等数式 (A + B)^2 を用いたデジタル乗算器の話 佐々木 秀・小林 春夫 
ぐんま!トリビア図鑑「和算」―TV収録記― 中 村 幸 夫
平成28年 群馬県和算研究会活動報告 事 務 局
研究・広報活動  
入会案内/刊行本紹介  
編集後記 編集子
表紙解説  関孝和の座像  小 林 龍 彦
コラム①  ある魔方陣
コラム②  この計算どうやる 1/0 = ?